クローン病が発覚するまでに私の体に起こった5つの症状

f:id:higox:20170618193256j:plain

今回はもう10年近く昔の話にはなりますが、私のクローン病が発覚したときのことを思い出しながら書いていきたいと思います。現在体調のすぐれない方、ひょっとしたらクローン病を患っているんじゃないかという疑いをもたれている方は、是非みずからの症状や環境と照らし合わせながら読んでください。

 

 

クローン病の前兆だったと思われる5つの症状

私にクローン病が発覚する1、2年前から私の体には異変が起きていました。それらの症状は、しばらくすると治ってしまうものでしたので、特に通院せず症状が出たときは市販薬を使って症状を抑えていました。今になって思えば、この頃の症状はクローン病によるものだったのではないかと思います。

 

・発覚前に発生していた症状① 下痢

当時の私は学生で、たびたび飲み会に参加することがありました。しかし、いつの頃からか、アルコール度数の高めのお酒や揚げ物等の脂っこい料理を飲んだり食べたりした日の夜のお腹を下すという症状が現れるようになりました。はじめのころは食べ過ぎが原因かとも思っていたのですが、症状が現れる頻度が高くなるにつれ、飲み会からは足が遠のくようになっていました。

また、あまりに頻度が高かったため、病院に行き診察も受けたのですが、その時は「過敏性腸症候群」と診断されていました。

 

・発覚前に発生していた症状②発熱

さらに、当時の私はしょっちゅう熱を出していました。ほとんどの場合は微熱と呼べるような範囲であり、昔から体は強くなかったので、特に気にしていなかったのですが、今になって思えばクローン病の症状が出ていたのではないかと感じています。

 

・発覚前に発生していた症状③ 蕁麻疹(じんましん)

また、蕁麻疹(じんましん)が出ることも何度かありました。クローン病の症状として、蕁麻疹が出るというのはあまり聞きませんので、ひょっとしたら関係ない症状なのかもしれませんが、当時の私にはたびたび蕁麻疹が発生していました。特に栄養ドリンクを飲むと、ほとんど毎回のように発生していました。蕁麻疹自体は30分から1時間もすればおさまってしまっていたので、こちらも特に気にせず生活していました。

 

・発覚前に発生していた症状④ 味覚障害

なんどか味覚障害になったこともあります。匂いは感じることができるけれでも、全く味がわからないという症状です。何を食べても粘土のような感じになります。当時はこの症状は食生活の乱れからくるものだと考え、マルチビタミン・ミネラル等のサプリメントを摂るようにしました。

 

・発覚前に発生していた症状⑤ 痔

よくよく考えてみると、痔(痔ろう)にもなっていたと思います。ある日から下着に白っぽい、ちょっと変わった臭いのベタベタした汚れがつくようになりました。クローン病発覚後に判明したのですが、膿(うみ)でした。この症状に関しては当時も悩み、病院にかかる一歩手前まで行ったのですが、自然と症状がおさまってしまったため、結局病院にかかることはありませんでした。

 

まとめ

前兆とは書きましたが、結局クローン病の症状としてよく知られているような「下痢」や「発熱」、「痔」などの症状がクローン病と診断される1、2年前から発症したり、治まったりを繰り返しながら現れていたことが分かりました。クローン病の症状はこのようにしばらくすると治まってしまうことがあるため、病院にかかるタイミングを逃しやすいのかなとも思います。

また、病院にかかっても、クローン病大腸内視鏡検査でないとその診断が難しいとされています。私自身もはじめて病院で診察を受けた時点では、過敏性腸症候群と診断されました。現在、過敏性腸症候群と診断されている方で、その治療で症状が改善していかない方は是非大腸内視鏡検査を受けてみてください。